~家づくりを楽しもう~純和風・注文住宅・イシンホーム・家の新築、増改築は、愛知県名古屋市のあすか建設
    

建築家が考えた、これまでにない家づくり。
考案者「奥村昭雄」は、熱も空気もデザインするべきだ
と考えました。 太陽を使って快適に暮らす「OMソーラーの家」のしくみ
太陽の熱を使って、床暖房をします。
アメダスの気象データから、建物の性能を設計段階で予測します。


夏を涼しくするための、昼と夜のしくみ。
太陽の熱を使って、お湯採りをします。

夏の昼は、カンカンに熱くなった屋根の熱気を建物の外へ排気します

屋根を昇ってきた熱い空気でまずお湯を採り、使い切れなかった熱は外へ逃がします。床下のよどんだ空気も引き上げ(床下換気)、じめじめした空気を排気します。

夏の夜は、放射冷却現象によって屋根が冷えます。

これを利用して、少しでも温度の下がった空気を室内にとりこみます。「冷房」とまではいえないものの、自然を活かした採涼法です。

※建物全体に受ける熱を少しでも減らすことで、エアコンの効きも違ってきます。
※床下換気は、従来機種の1つ「MS型ハンドリングボックス」のみの機能です。

お湯採りの性能には地域差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が約300リットル。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。

床暖房をしながら、同時に室内を換気します。
冬は床暖房しながら
換気も行う。


OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に採り込んでいます。暖房しながら、換気もしているのです。

暖かく住むには、建物の気密はかかせません。でも気密を高めると、換気量が少なくなって、部屋の空気が汚れてしまいます。そんな建物の気密性と換気のバランスの面からも、OMソーラーシステムが注目されています。

もっと自然の活用をがんばりたい方に。

OMソーラー+太陽光発電。エネルギー自給住宅を目指す。
小さな工夫からはじめられる、雨水利用。
生ゴミから肥料をつくる。生活排水を浄化する。

くわしくは、OMソーラー
協会公式サイト
http://www.omsolar.co.jp/
まで

 

TOPコンセプトモデルハウス見学会ご案内施工実況フォトギャラリーテクニカルプランニング

住まい手さんの声資料請求LINK会社概要アクセスマップお問い合せ社員募集