都会にありながら草木の手入れをしながらゆったりと暮らす。
そんな住まいが希望です。ワンルームの大空間、民家を思い起こさせる木の家にしたいです。

和瓦そして玄関建具や面格子を木とし外壁も自然の持つ色合いを選び
このような落ち着いた住まいとなりました。

庭からの外観

雨戸はお客様のアイディア。
夏の昼間に建具を閉め日射をさえぎりながら風のみを通すというスグレモノ。
自然とうまく付き合う知恵です。



四季を楽しませる草木。
毎日の手入れも楽しみの一つ。
南庭も広く家庭栽園もできます。

玄関ホール

調土品や壁に掛けられた絵など、住まい手の人柄が伝わってきます。
リビング

南側の木製建具は、夏光は遮断し、風のみ通す機能的なスリット建具です。
書斎

南の広縁スペースを広くとり、ご主人の書斎としました。
ロフト

天井をつくらない大屋根空間。
大屋根が吹き抜けになっているので見た目以上に広く感じます。草木の手入れだけでなく家庭菜園までできてしまう庭がお気に入りです。