あすかの「和」
本格和風と呼べる住まいです。
近年は本物の和風を好まれる方に限られとても贅沢な建物に。
10数年前までは当たり前のように建設していました。
玄関



特別なお客様を出迎えるようなみごとな輝きの玄関。
丸太を組み合わせた化粧庇。
大工の技量を問われる仕事が求められます。

 
玄関ホール



1つ1つ本物の素材を吟味して、繊細かつ大胆で力強い雰囲気が伝わってきます。

リビング



建物全体に負けないおおらかで品位を落とさない室内になりました。

広縁



玄関ホールへ継ぐとともに2間続きの和室から雪見。障子を通して庭園を眺める。
外部と室内の中間にあり一本化を演出する場。 天井仕上げ玄関庇と同じにしてあるのも意味を持っています。




2間続きの和室




本床をもつ座敷には驚くべき屋久杉の太い床柱が住まい手を象徴するかのようです。